2005年06月18日

リージェンツパーク

バラ園が見頃なので行ってきました。

Marylebone駅近くの「Sea Shell of Lisson Grove」
「ロンドン1美味しい」フィッシュ&チップスを買って持っていくのだ♪

20050618RP1.JPG
まいう。しかし炎天下でアツアツは辛かった…


20050618RP2.JPG

20050618RP3.JPG

20050618RP4.JPG
本日のべっぴんさん

暑さでしおれちゃってる花が多かったです。
見てる人間もうだり気味…

20050618RP5.JPG
やっと空いてた木陰でひと休み

おまけ
20050618STN.JPG
最寄のBaker Street駅の壁のタイル。
シャーロックホームズのシルエットになってます(近くにホームズ博物館あり)。

  ranking1.bmp
posted by せらっち at 01:00 | Comment(4) | TrackBack(0) | ロンドン観光
2005年06月11日

農場で野菜採り

イギリスのいちごは今が旬と聞き、それはぜひ狩らねば!という訳で
家から車で1時間程の農場Garsonsへ。

20050611farm6.JPG

ここはいちご以外にも色んな野菜を自分で好きなだけ採って買う事ができます。
(pick-your-own-crop)
入場料などは無し。ショップもあり。



20050611farm1.JPG
ビニールに入れて、小屋で量ってもらって代金を払う。

20050611farm2.JPG
garden peasだって。それ位お手軽に作れるって事?

20050611farm3.JPG
どこまでもほうれん草〜

20050611farm4.JPG
にんじん掘ってるとこ

20050611farm5.JPG
本日のメインいちごちゃん☆形良く、いい熟れ具合。
「量る前に食べないでください」と注意書きがあっても皆パクパク。
スタッフまでつまみ食いしてた。オイオイ。

採った野菜はシンプルに炒め物に。
自分で採ったからだろうけど今までで一番美味しかった!
楽しいし、安いしいい事づくめ♪
次回は7〜9月収穫のイモ狙いで行きます。
ナイフも忘れずに持って行こう。
(なくてブロッコリーを採れなかったから)

★イギリスの土には破傷風菌がいるそうなので、
傷がある人やお子様、気になる人は手袋持参すると良いかと。

(思いっきり素手でやっちゃった)

おまけ
<アスパラってこんな植物>
20050611farm7.JPG
食べ頃。石だらけの悪い土壌でも元気に生えてます。

20050611farm8.JPG
20p〜になると枝分かれ。つくし→スギナの成長みたい。

20050611farm9.JPG
50pくらいになると花が咲いてかすみ草状態。原型留めてません。

  ranking1.bmp
posted by せらっち at 00:00 | Comment(2) | TrackBack(0) | ロンドン観光
2005年05月28日

チェルシーフラワーショー2005

この時期になると英国中あちこちでフラワーショーが開催されるそうです。
今回のバンクホリデー3連休はどこへも行かないし、
せっかくなので一番有名なチェルシーフラワーショーに行って来ました。
(HPの"GARDENS"から画像を見られます)

20050528CFS1.JPG



主催は王立園芸協会。
王立チェルシー病院の庭園で5日間開催(内、一般公開は最後の2日間)。
花の業者、造園業者、ガーデニング用品業者、フラワーアレンジメントスクールが
各ブース内で新商品や作品を展示します。
優秀な作品は表彰され、とても名誉な事らしい。
イギリス国内外から業界関係者やガーデニング愛好家が訪れるそうです。
TV局も来てました。

チケットは前売りで36ポンド(;゚Д゚) 7せん2ひゃくえん!?
某ネズミーランドのパスポートより高い!
元を取る為にしっかり見なくちゃ!!
(*金曜なら半日券があるそうです。土曜は一日券のみ)

20050528CFS2.JPG
庭部門で金か銀か銅を授賞してました

20050528CFS3.JPG
ポピーがきれいなワイン畑風ガーデン

20050528CFS4.JPG
ただの田舎の小屋に思えますが大人気。イギリス人の心はここにあるのかも?

この5日間の為だけに小屋を建て、小川や滝まで造ってしまうのだからスゴイ。
美術館の中庭のような作品もあり、それぞれのコンセプトに感動しました。
東京の新しいビルにありがちな「竹を使ったおしゃれ空間」もちらほら。

20050528CFS5.JPG
ワイヤーで出来たおじいさんと動物達

20050528CFS6.JPG
ちょびひげおじさん 

20050528CFS7.JPG
こんなオサレな吊り椅子で読書したーい♪(痛そうだけど)

20050528CFS8.JPG
「チャーリーズエンジェル」という名前のスイートピーも

20050528CFS9.JPG
水仙の種類はこんなにあるんですね〜

20050528CFS10.JPG
ジャパニーズ盆栽も頑張ってます

20050528CFS11.JPG
野菜も立派なアート

20050528CFS12.JPG
テーマは「Birthday Party」
床のグラスにシャンパンを注いでいるようなフラワーアレンジメント

アレンジメントの実演をやっていました。
熱心に質問している人が多かったです。
私もやってみたい… ←にわか熱

20050528CFS13.JPG
デイジー柄の長靴を発見♪おじさん、買わなくてごめんね

16時頃、広場で閉会宣言のような物がなされました。
すると人々がささ〜っと散っていく…。
閉園時間までの1時間半、隅々まで見るつもりかな?と思ったら違いました。
業者は撤収作業に入るので、展示してあった花を販売してくれるのです!
みんな気に入った花やアレンジの下へ一目散。
私も慌てて参加。
押し合いへしあいバトルを経て、何とかワイン畑の野花をゲット。
カットしてくれるのかと思ったら根っこの土ごと、
スーパーのビニール袋にぱんぱんになるまで入れてくれました。
5ポンド払った私と10ポンド出した人でもらった花の量は同じだし。
ありがとう。でも死ぬほど重たかったよ。

20050528CFS14.JPG
このぼんぼりみたいな花は人気で売り切れ。残念

20050528CFS15.JPG
カート持参でモリモリ持ち帰り。お主プロだな?

20050528CFS16.JPG
花を飾っただけでいつもの台所が新鮮に(なった気がする)。
これが「英国流の花のある暮らし」ってやつかしら☆
初心者は些細な事で喜んでしまうのでありました。

  ranking1.bmp
posted by せらっち at 00:00 | Comment(3) | TrackBack(0) | ロンドン観光
2005年05月15日

キューガーデン&初めてのお客様

オット・私・同期のKくんと3人で王立植物園キューガーデンへ。
600万種以上の植物があり、世界遺産に指定されているらしい。
こりゃ期待大!

しょぼい入口で入場料10ポンドを払って中へ。(あれっ?)
お花畑を期待して行ったのですが…広大な敷地に花はほとんど見当たりません。(あれっ?)
もしかしてやっちゃった?(笑)

気を取り直して温室へ。

20050515kew1.JPG



パームハウスというこの温室には、椰子の木が大量に生い茂っていました。
高い所の通路から木の実や葉を間近で見られるようになっています。
高所恐怖症の私はへっぴり腰で歩くのが精一杯。見る余裕などなし。

20050515kew2.JPG
ばなーな☆

他にも地域毎に植物を集めた温室がありました。
植物に詳しい人には嬉しい施設なのかも。
シロウト的には花や木の実など、分かりやすい植物がもっとあると嬉しいな。

日本庭園もありました。

20050515kew3.JPG
京都の西本願寺唐門の複製。石庭の中は歩くところじゃないよ〜!(涙)


この後はKくんをウチにご招待して夕ご飯。
お客様に食事を出すのは初めてです。 ←実験台とも言う
緊張する〜!!
★オランダ土産のチーズ
★トーフのじゃこ&ねぎ炒めソース
★オクラの梅肉和え
★ポテトサラダ(オット曰く一人暮らしの男性はこういう普通の物が食べたいらしい)
★ゆで鶏の中華風ソース
★ロールキャベツ
★プリン
和洋中ごっちゃだけどいいのかしら。
なんとか合格をいただけました。
新妻経験値UP!
もっとおもてなし料理を練習しよう☆

20050515choco.JPG
KくんがLibertyのチョコショップで買ってきてくれました。ウマウマ♪

  ranking1.bmp
posted by せらっち at 00:00 | Comment(7) | TrackBack(0) | ロンドン観光
2005年05月08日

ハンプトンコートパレス

ヘンリー8世のお城として有名、庭園も素晴らしいと聞いたので行ってみました。

20050508hampton_gate1.JPG

*ヘンリー8世
6人もの后を持った。
離婚したり、病死されちゃったり、好きじゃなくなって処刑したり、色々。
前の后の侍女と結婚するパターンは「手当たり次第じゃん」と言いたくもなる。
最初の離婚をローマ法王が認めてくれなかったのでカトリックと縁を切り、
英国教会を作って離婚を成立させてしまった強引な王様。
(歴史に詳しくないので、他に偉業を成し遂げていらっしゃったらごめんなさい)



20050508hampton_gate2.JPG
一角獣やら竜やらが城の入り口に並んでます

20050508hampton_clock.JPG
その年が始まってからの日数や月の周期まで分かる天文時計なんだそう

城の中の装飾は圧巻でした。
天井から描かれた宗教画だったり、壁一面にタペストリーが掛けられていたり。
肖像画や彫刻に囲まれて良く寝られたなーと思ってしまいます。
お風呂は大きい木の桶を絨毯の上に置いて入っていたみたい。水浸しになって片付けが大変そう。
おトイレはふかふかのドーナツクッション付き木箱でした。高貴な方はやっぱり違う(笑)
城にいる人全員分の食事を作る、大きなキッチンも見る事ができました。
当時は肉が食事の75%を占めていたそうです。胃がもたれそう。

20050508hampton_garden1.JPG 
噴水のある中庭

20050508hampton_garden3.JPG
豪雨になって庭園はここしか見られなかった…

20050508hampton_thames1.JPG
テムズ川。街中よりも幅が狭い。閉園時間になってこんなに晴れるなんてー!

こんなお城が街中から近くに当たり前に残っているって凄い事ですよね。
いつか庭園をリベンジしに行ってきます!

  ranking1.bmp
posted by せらっち at 00:00 | Comment(8) | TrackBack(1) | ロンドン観光
2005年04月17日

プリムローズヒル

20050417sakura.JPG

久々のド天気。
暗く天気の悪い冬を孤独に乗り切ったオットには、
「晴れた日は絶対に出かける」という考えが染み付いているらしい。
たたき起こされてお散歩へGO!

行き先はプリムローズヒル。
ここの公園は丘になっていて、てっぺんからはロンドンの街が一望できるのです。

20050417primrosehill2.JPG

皆さんシートをひいて日光浴。中には枕持参のカップルも!
私とオットはシートを忘れ、己の未熟さを噛み締めました。次は絶対持っていくぞ。

  ranking1.bmp
posted by せらっち at 23:17 | Comment(2) | TrackBack(0) | ロンドン観光
2005年04月02日

ハイドパーク

デッキチェアに寝そべる人達も。
今度本を持って来てゆっくり過ごしたいな♪

20050402hyde1.JPG

20050402hyde2.JPG 20050402hyde3.JPG
りすは人間慣れしていて、餌をあげるフリをすると寄ってきます。この都会っ子!

  ranking1.bmp
posted by せらっち at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | ロンドン観光

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。