2005年08月05日

エディンバラ(2)

★オールドタウン散策(2)★

エディンバラ城
天然の要塞として使われてきた岩山の上に建っています。
街の景色を一層素敵にしているのは言うまでもありません☆

0507scot30.JPG
大砲用の穴に花が咲いていました。平和だね。



0507scot27.JPG


0507scot28.JPG
中は公園か小さな町くらいの広さ


0507scot29.JPG
砲台から見た街


連隊のマスコット犬の墓地なんてのもありました。犬好きは国民性?

0507scot31.JPG
一番古い建物(12世紀)である聖マーガレット礼拝堂。
こぢんまり、シンプル。お祈りの場所はこういう方が好きです。


人が集まっているので行ってみると…
ハリー・ポッターの作者、J.K.ローリング!
車でサーッと帰ってしまったのでよく見えませんでしたが。
この人の個人資産額はエリザベス女王を超えているんでしたっけ。ひゃー。
前日は最新刊の発売日、城内のお土産屋さんにも宣伝の垂れ幕が。営業に来たのかな?

0507scot32.JPG


0507scot33.JPG
兵舎だったグレートホールで演奏会が行われていました


0507scot34.JPG


宝冠・剣・杖に加えて、
歴代のスコットランド王が戴冠式で座った「運命の石」も見学できました。
(お風呂のイスみたいだった)
14世紀頃イングランドにかっぱらわれ、
以後ずっとウェストミンスター寺院の戴冠式用のイスの下に入れられていた物。
(=イングランド王達はこれにも座って戴冠した事に…感じワル〜)
1996年に、独自の議会を求めるスコットランドをなだめる為に返還されたそう。
スコットランドとしては「今更何だよ」って感じらしい。
うわぁ〜、ドロドロしてまいりました!!
1つの連合王国にまとまってはいるけど、因縁深いのね。


キルトセンター
エディンバラ城の隣にある、キルトの博物館&販売促進センター?(無料)

0507scot35.JPG
「機織りに挑戦できます」って書いてあったけど、やってなかった(悲)


0507scot36.JPG
タータンチェックの生地を売ってます



お腹がすいたので、パブで名物ハギスを注文!

0507scot37.JPG
羊の「食べられる所全部」混ざってるそうです。見た目はグロくありません。
多少羊臭さと臓物っぽい苦さが感じられるものの、結構イケます。
でも2人で1皿で正解(笑)



ファッジ専門店"The Fudge House of Edinburgh"。老舗だそうです。

0507scot38.JPG


0507scot39.JPG
かわいいマーブル模様に惹かれて買いましたが、
帰りの電車で潰れ、伸ばした粘土みたいに!4つ位買って箱に入れてもらいましょう。



ホリルードハウス宮殿
現在もイギリス王室のスコットランド訪問の際に使われています。
女王が来てる時は見学不可。室内の撮影も禁止。

0507scot40.JPG


0507scot41.JPG
バーン!さすがにかっちょええです


0507scot42.JPG


0507scot43.JPG
廃墟のまま放置されている修道院。12世紀の物で雰囲気あります。
しかし床には歴代の王様が埋まっているし、石製の棺桶らしき物も転がっている…。
隣の建物にいて怖くないんですか、女王陛下!?


スコットランド女王メアリーの夫が、彼女の秘書(愛人?)を刺し殺した部屋まで
残っています。
イギリスのお城はそんなんばっかり。

お土産ショップでは王室グッズを販売。

0507scot44.JPG
これはチャールズ皇太子&カミラさんの結婚記念カップ。
近くには故ダイアナさんの絵葉書も…。儲かればいいのか王室!


0507scot45.JPG
メアリーのバスハウス。敷地の外にはみ出してるので見落とす所でした。



★ホテル:Radisson SAS Edinburgh★
ロイヤル・マイルの中間にあり、どこに行くにも便利。
歴史ある外観に、黒が基調のモダンなインテリア。こういう部屋に住みたい!

0507scot46.JPG


0507scot47.JPG


■Blog Ranking■ 次は新市街&ネス湖ツアーです☆ネッシーに会いたい人〜! →ぽちっ←

  ranking1.bmp
posted by せらっち at 17:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | イギリス旅行
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL


★重複コメント・トラックバックはこちらで削除致しますのでお気になさらずに。
★トラックバックして頂く際には、当該記事へのリンクをお願いします。
★当サイトへのリンクがない、または関連性の低いトラックバックについては、削除する場合があります。ご了承ください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。