2005年08月01日

カプリ島(2)

いよいよ青の洞窟だー☆

0507capri1.JPG


★青の洞窟★
太陽光線の屈折で青く輝く水面が神秘的な、カプリの名所。
洞窟の入り口はとても狭く、波のある日は入る事ができません。
見られるかどうかは運と日頃の行い次第!?
反射角度の関係で午前中の方がキレイだそうです。

私達は3日間通って2回見る事ができました☆

<傾向と対策>
洞窟観光が行われるかどうかは、その日の朝(8〜9時)の天候で決まるようです。
最初ダメでも天気の回復次第ではOKになる事もあります。
その情報はマリーナ・グランデ(港)にある受付に掲示されます。

陸伝いにバスで洞窟の上の崖まで行く方法と、船で行く方法があります。
@バス:マリーナ・グランデor カプリの街 → アナカプリで乗り換え → 洞窟
A船:マリーナ・グランデ → 洞窟

@はAより早い時間に着く事ができ、混雑もしません。
しかし、その日の洞窟ツアーの有無を教えてもらえる場所がないので、
「行ってみないと分からない」状態になります。覚悟しましょう。

@バスルート報告
崖の階段を下り、洞窟の入り口脇で待っていると…
0507capri2.JPG


9時頃、港から小船がボート(兼 料金所)に牽引されてやってきます。ワンダバダバダ♪
0507capri3.JPG

0507capri4.JPG


小船に乗り、ボートで料金を支払います。船頭さんのチップは別。

この時点では港からの客はまだ来ていません。得した気分!

船頭さんは鎖をたぐり、波の引いた瞬間を見計らって
えいやっ!!と洞窟内へ入ります。
客はアタマをぶつけないよう、仰向けに寝るよう指示されます。
知らない人と膝枕をする羽目になったり、しぶきがかかったりするので
それなりの格好で行きましょう。

0507capri5.JPG


中に入り、入り口を振り返ると…!

0507capri6.JPG


自然界でこんな色が見られるなんて。来て良かったー!!

洞窟内の撮影は難しいです。
フラッシュなしでないと撮れませんが、
シャッタースピードが遅い上に小船が揺れるので
エクトプラズムみたいな画像になりがち(笑)
なのでムービーも撮ってみました。  動画はこちら

まだ空いていたので、船頭さんが中を2周半ほど回ってくれました。

2回バスで行った内、1回は空振りになってしまいました(高波で中止されてた)。
帰りのバスは20分に1本。時にはのんびり待つのもいいものです。


A船ルート報告
青の洞窟だけ行くツアーと、ついでに島一周(2h)してくれるツアーがあります。
私達は後者にしました。

一番早い9時過ぎの便で出発。
しかし洞窟近くに着いた時には水上の混雑が始まっており、数十分待ちました。
中に入れたのは10時頃。

0507capri7.JPG


洞窟内も大混雑。小船のシルエットだらけ、カメラのフラッシュの嵐…(悲)
常に小船が出たり入ったりしているので、入り口からの光が遮られてしまいます。
中も1周しかしてもらえず、ガッカリ。
やっぱり朝一番にバスで行くのがオススメです☆
*ツアーの日本人団体は小船に6人も詰め込まれていました(普通4人)。
 個人で行った方がいいかも…。

あとは島の周りを観光して帰りました。
指すような紫外線、帽子が飛んじゃいそうな海風、とても気持ち良かった!

0507capri8.JPG


0507capri9.JPG


■Blog Ranking■ 何度でも見たい青の洞窟☆ →ぽちっ←

  ranking1.bmp
posted by せらっち at 18:32 | Comment(2) | TrackBack(0) | イタリア旅行
この記事へのコメント
うんわぁ.すんげー綺麗な青だな.
でも,こういう青なのか..濃いんだね.
すげーな..行けば良かったなぁ.

去年は,ヴェネツィア→フィレンツェ→ローマの
旅だったんです.


Posted by kantaro at 2005年08月11日 03:51
★kantaroくん★
蛍光色が入ったブルーって感じでしょ?
ポジターノの「エメラルドの洞窟」なら青緑色が見られるかもよ。
(海底にマリア像を沈めてあったりして、チョット作り物らしいけど)
青の洞窟は運が悪いと何日も連続で見られないそうだから、
のんびりスケジュールで行かれる事をオススメしまっせ♪
フィレンツェいいなぁ…街並大好き☆スリ多いけど(笑)
Posted by せらっち at 2005年08月11日 15:22
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL


★重複コメント・トラックバックはこちらで削除致しますのでお気になさらずに。
★トラックバックして頂く際には、当該記事へのリンクをお願いします。
★当サイトへのリンクがない、または関連性の低いトラックバックについては、削除する場合があります。ご了承ください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。