2005年06月19日

U2コンサート=VERTIGO TOUR 2005=

曲を殆ど知らないくせに行って来ました(ファンの方ごめんなさい)。

20050619U2.JPG
ボノ様〜!
伸びたオールバックにサングラスはMr.○リックみたいだよ。


official siteより>
@Twickenham Stadium

Vertigo
I Will Follow
Cry / Electric Co.
Elevation
New Year's Day
Beautiful Day
I Still Haven't Found What I'm Looking For
All I Want is You
City of Blinding Lights
Miracle Drug
Sometimes You Can't Make it on Your Own
Love and Peace
Sunday Bloody Sunday
Bullet The Blue Sky
Running to Standstill
Pride in the Name of Love
Where the Streets have No Name
One

Zoo Station
The Fly
Mysterious Ways
Yahweh
Vertigo


会場までの電車は激混み!
普段は人を押してまで乗車しないのがマナーなのですが、今回だけは別のよう。
久々に身動きできない電車の旅を楽しみました。
冷房きいてないからベタベタ地獄。ヒィ〜
飲み水を持っていないと命が危ないです。いや本気で。

指定席に到着♪するとすぐ後ろの列にコワ〜いお兄ちゃん達が勢揃い。
私の3倍はあろう体格・腕足腹は刺青だらけ・ハイテンション(おクスリ?)。
お腹が出てるので姿勢が前のめり→私は彼の股の間に挟まれてる状態…(-_-;)
でも浅く腰掛けたんじゃ疲れちゃうので、シッカリ寄りかかる事にしました。
父や祖父に抱っこされた安心感に似た物がない訳じゃない ←無理がある
こうやって図太くなっていく…。

17:30開演のはずがいつまで経っても始まらない。観客席もまばら。
1時間後、前座バンドが演奏開始。
2時間遅れてやっとメンバー登場!
この頃には観客席もほぼ満員に。皆よく分かってるなぁ。

騒がしい・楽しいだけでなく、メッセージ性の強いステージでした。
彼らの支持するアウンサンスーチーさんの60歳の誕生日だった為
人権の条文を映しながら「Happy birthday dear Aung San Suu Kyi♪」と歌うわ、
アフリカ各国の国旗を背景に開発国救済を訴えるわ、
観客も手持ちのライターの灯をかざしちゃったりするわで
しんみり濃ゆい瞬間もありました。

スタートが遅かったので終わるのは22時過ぎ。
この国の日曜日の電車は早く終わってしまうんです。7万人も集まったら混雑は必至。
となると、皆アンコールの途中で帰る帰る!ってゆーかもう走る!
歌ってる方はあの民族大移動を見て寂しい気持ちになるんじゃなかろうか?
私達も背の高い人々に潰されそうになりながら早歩きして、
乗り換え電車を20分も待ったりしながら家に帰りました。

教訓:日曜日のコンサートに出かけるのはよしましょう

でももう1つ日曜にチケットとっちゃったんだよね。体力つけて臨まなくちゃ。

*本当はカメラ持込禁止。でも皆上手く持ち込んでフラッシュたきまくり。
荷物検査でバレなければ撮影自体は怒られません。私は化粧ポーチに入れました♪

  ranking1.bmp
posted by せらっち at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | イベント
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL


★重複コメント・トラックバックはこちらで削除致しますのでお気になさらずに。
★トラックバックして頂く際には、当該記事へのリンクをお願いします。
★当サイトへのリンクがない、または関連性の低いトラックバックについては、削除する場合があります。ご了承ください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。