2005年05月11日

TV事情&マツケンサンバ

実はロンドンに来てからもちょくちょく日本のTV番組を見ております。
★SONYのエアボード
こんなのです↓
 airboard.JPG
 インターネット回線を使って日本のTVをリアルタイムで見られる。
  (本体を日本の実家に置き、スクリーンをこっちに持ってきてます。
   本当は家の中の自由な場所でTVを見る為の物)
 スゴ録と組み合せ、画面上で録画操作も可能!

★JSTV(海外在住日本人向け有料衛星放送)
 NHKのニュースや民放局の番組をいくつか見る事ができる。



「やっぱり生で見たい」という方にはエアボード、オススメです♪
流行を知る意味ではCMを見られる事が大きいですよね。
初期投資はチョット決心がいりますが、それだけの価値はあるかと。
ただし8時間(冬は9時間)の時差がある為、日本のゴールデンタイムはこちらの昼過ぎ。
夢中になっていると家事ができなくなるのでご注意下さい。 ←元々ちゃんとやってない(^^;)

JSTVでは日本で放映された時期よりも遅れて流されます。
遅れの度合いは番組によるけど、まだ「冬のソナタ」をやっているのにはビックリしました。
オットの知り合いの方は最近になってハマったそうで、
ヨン様ライバル役のパク・ヨンハ君が日本で人気が出た事をご存知ありません。
オットが「うちの妻がファンで…」と言ったら
「えっまさか!?物好きな方ですね(ププッ)」とおっしゃったとか_| ̄|○

オットの職場の方は「マツケンサンバ」を見た事がない、もしくは紅白でやってたけど何アレ?
という認知レベルらしい。
オットは3月に一時帰国した際にマツケンサンバのDVD&衣装&ヅラを買って帰るのが使命でした。
下っ端は飲み会で披露しろ、という訳です。
だから夫婦で練習してますよ、マツケンサンバU!!今更ですが…
(私は飲み会に行く訳じゃないけど練習におつきあい。これも愛?)
結構キツいです。いい汗かいてダイエットになるかも♪
本番は明日なので今夜はリハーサル。
新婚夫婦が夜に音たてて何やってるんだか(笑)

  ranking1.bmp
posted by せらっち at 17:35 | Comment(7) | TrackBack(0) | 日常
この記事へのコメント
おぉ。DVDもらってオイラもだんな様と練習したよーん♪
夫婦の絆が固まるよね(笑)

2人で披露するー?(笑)みよ〜ん家あたりで
Posted by のんた。 at 2005年05月11日 20:07
★のんた。★
絆深まった〜!!
「走ってるときの手、それじゃ犬掻きみたいだよ」とか
「決めポーズ(スパニッシュ)が目まいを起こしてるみたいでカッコ悪いよ」と
お互いにダメ出ししたりして(笑)

ぜひ一緒に踊ろう♪どっちがマツケン?
腰元もまだまだ募集中よ!!
Posted by せらっち at 2005年05月12日 01:23
 マツケンサンバの振付師が「Vも視野に入れている」と前に行ってたよ。
 マツケンのコンサート、ドームで前やってたよね。新聞でチケット販売広告出てたの見たけど、みんなマツケンサンバ以外の彼の持ち歌ってわかるのかなー。もちろんメインはサンバだから集客できるんだけど。
Posted by ちか at 2005年05月12日 14:29
★ちか★
「Vも視野に…」楽しみ〜そしたらまた練習しなくちゃ!
マツケンって他の曲もあるんだ。←失礼
1曲だけでも既にばてているようにお見受けするんだけど、
コンサートなんかやったら倒れちゃうんじゃない?
人気者はつらいね。
Posted by せらっち at 2005年05月12日 16:29
マツケンサンバの練習に付き合うせらっちさん、偉い!
実は、今日本では、竹内結子さんと中村シドウさんの交際&結婚??で持ちきりです!!
Posted by Caoru at 2005年05月13日 20:49
 コンサートの概容をテレビで観たけど、オープニングは「暴れん坊将軍」のかっこして白馬にまたがって登場。そしてサンバの他にも知らない歌をいくつか熱唱してたよー。
Posted by ちか at 2005年05月13日 21:48
★Caoruさん★
飲み会では、マツケンサンバより氣志團の踊りの方がウケてしまったそうです。ハァ…(笑)
映画共演の二人が本当に結婚なんていいですね♪
「いま、会いにゆきます」見たいなぁ。

★ちか★
>「暴れん坊将軍」のかっこして白馬にまたがって登場
その後歌にサンバじゃ、まさしく「上様ご乱心」だよね。
ところで本名は鈴木末七さんていうのね。ビックリ!!
Posted by せらっち at 2005年05月14日 05:47
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL


★重複コメント・トラックバックはこちらで削除致しますのでお気になさらずに。
★トラックバックして頂く際には、当該記事へのリンクをお願いします。
★当サイトへのリンクがない、または関連性の低いトラックバックについては、削除する場合があります。ご了承ください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。