2005年02月15日

ドレスでやきもき

ウェディングドレスはあれこれ見ずに、式場のセミオーダーに決めました。
結婚情報誌にはよく「ドレスショップを何件も回って運命のドレスを見つけよう!」
と書かれているけど、出不精の私にはショップをハシゴする気力なんてなかった。
中にはインチキなショップもあるらしいし、そういうのと戦うのもメンドクサイ。
彼が転勤でいない以上、交渉事は私一人でしなければいけないから、
式場のドレスに決めておけば何かと安心と思ったのです。

しかーし。採寸をめぐってトラブル発生!
まず式場でドレス用の下着を借りて採寸し、その寸法に合った下着を購入してくるように言われたのですが、
式場で言われた胸囲は実際の胸囲よりも小さかったのです。
私自身「あれ?」と思いましたが、貧乳で自信がなかったし(笑)
ドレス担当が測ったのだからそれが正しいのだろうと思っていました。
下着屋さんに「そんな寸法はありえない、もっと大きいはず」と言われた時には、
もうドレスは作られてしまっていました。
あわてて式場に相談すると
「縫い代を減らせば調整できるから、体に合ったサイズの下着を買って、試着しに来て下さい」との事。
…マジ?4cmも大きく作り直せるの?縫い代ってそんなにないような…。
最大限に直してもキツキツだったらどうしよう。
彼に話すと「セミオーダーである以上、サイズが合わないドレスなんておかしい。いざとなったら僕が出る!」
「試着当日はこういうポイントを押さえて話をしておいで」と忠告してくれました。

さて試着の日。
サイズが合わなかった場合に話すべきポイントと、不安で頭を一杯にしながら式場へ。
いざ試着してみると…サイズぴったり。
採寸の数字よりもはるかに大きく作られているらしい。
2着頼んだけど、片方はさらに大きい。
これ、私は結果オーライだからいいけど、普通に頼んでいたらデカすぎるのでは…?
結構適当なんだなぁと思いました。
とりあえずもめずに済んで良かった。

採寸違いを防ぐ為には、ドレス下着は先に購入しておくべきだったと思います。
(ドレスが採寸より大きいのは別の理由なので置いといて…)
表面がつるっとして表にひびかない、カップ浅めのデザインならどんなドレスにもOKだし。
これからの花嫁さんはぜひそうして下さいね。

ちなみに私が買ったドレス下着はホワイトエンジェルです。
すっきり高さが出ていい感じですよん。

  ranking1.bmp
posted by せらっち at 17:04 | Comment(0) | TrackBack(0) | 結婚式・渡航準備
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL


★重複コメント・トラックバックはこちらで削除致しますのでお気になさらずに。
★トラックバックして頂く際には、当該記事へのリンクをお願いします。
★当サイトへのリンクがない、または関連性の低いトラックバックについては、削除する場合があります。ご了承ください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。