2005年08月26日

GNERからリファンド

エディンバラ列車遅延事件のカタがつきました。

GNERから封書が。

遅れの原因やサービス精神についての記述が長かったので
払い戻ししてくれないんじゃないかとあせりましたが、大丈夫でした。

050825gner2.JPG


"In view of your experience I enclose a cheque to the value of £195.00
to refund both your tickets."
よっしゃ!

この列車の料金体系は不思議で、片道と往復でチケット料金が大差ないのです。
だから片道分の料金が返ってくる=往復分浮いたも同然!

小切手?どこに?と思ったら手紙の裏にホチキス止めされてました。
4万円分がそんな扱い…。しかもコレ普通郵便で来てるし。
小切手は、その宛名通りの口座を持つ人が銀行の窓口へ行かないと
換金(入金)できない仕組みなので、盗られても大丈夫だそうですが
何だか心もとないです。

050825gner3.JPG


オットが仕事の合間に入金してきてくれました。
ウチは2種類の口座(オット個人名義、オット&私名義のjoint account)を持っています。
オットは最初、個人口座に入れようとしたのですが(←ずるい!?)
小切手の宛名が「オット&私」になっているから
joint accountでないとダメと言われたそうです。厳しいですね。
もし払い戻しの請求用紙を2人別々に書いていたら、小切手も各自宛になり、
個人口座を持てない私は換金できなくなる所でした。危なかった〜。

GNERにとって払い戻しはしょっちゅうある事なんでしょう、
小切手は大量プリントアウト用紙(点線で切れる)でした。
あの時の乗客全員に支払うだけでもスゴイ金額だろうに…。
そんなに返金してばっかりだからチケットが高いのか!?
それじゃ乗車して事件が起きなかったら損じゃないですか!
「当たり」を楽しみに乗車するのも悪くないかも!?

GNERからのレターの最後に
"I hope you will travel with GNER again soon."
そんな気になれるかー!!(ノ`д´)ノ=┻┻

■Blog Rankingに1票お願いします■ 一緒にちゃぶ台を投げましょ♪ →ぽちっ☆←

  ranking1.bmp
posted by せらっち at 07:49 | Comment(13) | TrackBack(0) | イギリス旅行

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。