2005年02月19日

鼻に綿棒

インフルエンザにかかってしまいました。

突然の寒気と高熱。
家から歩いて3分のお医者さんに行きました。
ここはご夫婦だけでやっていて、そのお二人がハイソというかおっとりというか、いい味出してるんです。
前回診てもらった時も↓こんなでした。
先生:「おいお母さ〜ん(奥様の事)、懐中電灯の電池が切れちゃったよー」
奥様:「あら大変。電池、あったかしら電池…」
私:「…」(舌の上にアイスの棒みたいなの突っ込まれたまま)

インフルエンザかも、という私の言葉に嬉しそうに反応した先生。
先生:「去年はインフルエンザA型になったから、今年はB型かな?検査してみる?(ワクワク)」
私:「…また鼻綿棒ですか?(ヤダー)」
鼻水を採取する為に、長ーい綿棒を鼻の穴から喉の辺りまで突っ込まれるんです。
これがツライのなんのって。去年は思わず抵抗して先生の肩を押さえちゃいました。
しかし今年は先生の腕が上がっていた!肩を押さえられないよう、ご自分が立ち上がって鼻綿棒。
だけど、何だか去年よりも痛いよ!?
先生:「コレ辛いらしいね。患者さんにはやるけど、自分の時は絶対やらないんだ♪」
先生だってイヤなんじゃない、ずるーい。
先生:「あっ、3分で結果が出たよ。普通は10分位かかるんだよね。
僕が鼻水をしつこい位に大量に取ったから、反応が良かったのかもね、アハハ」
だから痛かったのか…(-_-メ)

先生の予想通り、B型のインフルエンザでした。
薬をもらって飲み続けたけど、熱が38.5〜39.5度の間でなかなか下がらない。脳みそが煮えそう。
そんな時彼から届いたお見舞いのメール↓

どもども、マイスィートハート。少しは良くなってるかい?(中略)くれぐれもお大事に。フロムロンドンウィズラブ
脱力…_| ̄|○

予定していたヘアメークのリハーサルも、ブライダルエステも延期。
人に伝染ったら大変だし、鼻水たらしながら受ける訳にも行かないもんね。早く直そ。
皆様はくれぐれもご注意下さい!

  ranking1.bmp
posted by せらっち at 00:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日常

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。