2005年02月27日

プチーン!

朝から彼にキレてしまいました。
理由は、今日が式場との最終打ち合わせだったのに、必要な事をやってくれていなかったから。
そして打ち合わせ当日の朝7時になって電話してきたから。
「もぉいい!」と叫んで電話を切っちゃいました…。

ロンドンは金曜の夜だからいいかもしれないけど
土曜の朝早くにかけてくるなんて、まず普通に失礼ではないだろーか?
私が起きていたのは、彼が前日までに自分側のゲスト名簿や引出物の数をまとめてくれず
その分作業に時間がかかっていたから。
睡眠3時間で早起きして頑張り、やっと終わって仮眠をとろうとしていた所に電話がきたので
なんだか無性に腹がたってしまったのです。

仕事をする上で「自分の分はきっちり仕上げて次の人に回す」
「時間に余裕を持ち、締切直前になってバタバタしない」というのは基本だと思うんだけどな。
会社が忙しいのは分かっているけど、だからこそ前々から「いつまでに○○をしてね」と
言ってある訳だし。

打ち合わせの際は、彼も携帯電話経由で参加してくれたけど、なんだかムスッとした声。
その後連絡ナシ。むー。

私自身も余裕ないのかも。
人に「仕事してないなら結婚式の準備だけでヒマでしょ?」
なんて言われてしまう事もありますが、そんな事もないんです。
新居に必要な物を1人で買い揃えなくてはならないけど
車を運転できないから、手で持って帰れる量しか一度に買えない。
(買い物の都度配送にはできないし…)
ロンドンでは日本程気の利いた商品は揃わないので、
2〜3年間の駐在期間中に必要になりそうな物は全て購入しておかないといけない。
例えば本(料理、医学、資産運用wなどなど)。
あっちにも日本の本屋はあるけど、種類は圧倒的に少ないし
立ち読みできないようにカバーをかけてあるから「中身を見て買う」事ができない。
(立ち読みできる場合は、皆に読まれてボロボロになっている…)
インターネットで注文するにしても、やはり中身は見られないし
検索ワードにかかった本が出てくるのみで、本屋のようにズラーっと並んだ中から選ぶ事もできない。
ささいな事だけど生活グッズの一つ一つがこういう状態なので、精神的にかなり負担です。
日本で暮らすなら、必要になった都度買いに行けばいい物なのに。
必要な物全てを思い出してリストアップするのは無理なので
とりあえず目についたもの全てを買いあさっている状態です。
店に長居して、店員に万引きマークされる事もしばしば…(つд`) ちゃんと買うってば〜

冷静になろう。
彼はケンカしてもそれが理由で連絡をよこさない人じゃないはずだ。
もしかしたら体調が悪いのかも。そういう事を言わないタイプだし。声もヘンだったし。
私から電話してみるか…。

  ranking1.bmp
posted by せらっち at 01:19 | Comment(0) | TrackBack(0) | 結婚式・渡航準備
2005年02月24日

今日はエステの日

インフルエンザで荒れ荒れになったお肌をレスキューすべく、ブライダルエステに行ってきました。

私が通っているのはハツコ エンドウ ビューティースタジオ。
フェイシャル4回とフルボディ、ボディピーリングがセットになったメヌエットというコースです。
エンハツだけに、ちょっとお高いな…と迷ったのですが
エステに定期的に通うなんておそらく一生に一度だし(ここでもマジック炸裂)
どうせなら優雅な思いをしてみたい!
ちょっと贅沢して、疲れた心身を癒してもいいじゃない!と言い訳して飛び込みました☆

今日はフェイシャルの2回目。
前回はあまりの気持ち良さに意識がなくなってしまったので、寝ないように気合を入れます。
まずスチームをあてながら優しくクレンジング。
角質を取る為にゴムの成分が入ったものを塗り塗り。
正直クサッ!!だったけど、ゴムの吸着力が効くそうなので我慢(´А`;)プーン
固まった所でボロボロとこすり落とし、水分を補給する美容液でマッサージ。
エステティシャンさんの熟練の指先で頬っぺたをタプタプタプ…ってされると
なんだかウットリしてきちゃって、この時点で既に逝きそう。
首〜デコルテ〜肩までマッサージしてもらえるのも、万年肩こりの私には嬉しい限り。
その後10分程、目元と頬に保湿パック。
個室の照明を落され、マッサージチェアに身を委ねる。BGMは小鳥のさえずり…。
ハイ、今日も寝ました(笑)あれで起きていられるはずがないよ!
最後に頭皮のマッサージをしてもらって終了〜☆
施術時間は100分位でした。
ローズヒップティーを頂きながら身支度。
お肌が信じられない程プルプルになって、勿体無いからお化粧せずに帰っちゃいました。
6時間経った今もシットリツルツル。
ずっとこのままでいられたらいいのに〜。

明日もエステに行きます。今度はボディピーリング。なんていい暮らしだ!!

  ranking1.bmp
posted by せらっち at 23:43 | Comment(0) | TrackBack(1) | 結婚式・渡航準備
2005年02月23日

プチギフト

披露宴で配るプチギフトは、紅茶のミニ缶に決定しました。
まず無難だし(笑)イギリスっぽくもあるしいいかなと。

彼がロンドンのFortnum & Masonで買って送ってくれたブツが届きました☆
6缶セットで12.5ポンド(2500円位)だから、1缶417円位。
以前某百貨店に問い合わせた所、同じ物が1缶800円と言われたので(!)
送料を入れても安く手に入って良かったです。
(M越さんたらボリすぎだぞ☆)

次はこれを1個ずつラッピングせねば…。
招待状の封入作業といい、結婚式の準備って内職が多いなぁ(+_+)ふにゅ。

  ranking1.bmp
posted by せらっち at 01:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | 結婚式・渡航準備

リニューアルしました

初心者なりに頑張ってみました。

  ranking1.bmp
posted by せらっち at 01:14 | Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ・ひとりごと
2005年02月19日

鼻に綿棒

インフルエンザにかかってしまいました。

突然の寒気と高熱。
家から歩いて3分のお医者さんに行きました。
ここはご夫婦だけでやっていて、そのお二人がハイソというかおっとりというか、いい味出してるんです。
前回診てもらった時も↓こんなでした。
先生:「おいお母さ〜ん(奥様の事)、懐中電灯の電池が切れちゃったよー」
奥様:「あら大変。電池、あったかしら電池…」
私:「…」(舌の上にアイスの棒みたいなの突っ込まれたまま)

インフルエンザかも、という私の言葉に嬉しそうに反応した先生。
先生:「去年はインフルエンザA型になったから、今年はB型かな?検査してみる?(ワクワク)」
私:「…また鼻綿棒ですか?(ヤダー)」
鼻水を採取する為に、長ーい綿棒を鼻の穴から喉の辺りまで突っ込まれるんです。
これがツライのなんのって。去年は思わず抵抗して先生の肩を押さえちゃいました。
しかし今年は先生の腕が上がっていた!肩を押さえられないよう、ご自分が立ち上がって鼻綿棒。
だけど、何だか去年よりも痛いよ!?
先生:「コレ辛いらしいね。患者さんにはやるけど、自分の時は絶対やらないんだ♪」
先生だってイヤなんじゃない、ずるーい。
先生:「あっ、3分で結果が出たよ。普通は10分位かかるんだよね。
僕が鼻水をしつこい位に大量に取ったから、反応が良かったのかもね、アハハ」
だから痛かったのか…(-_-メ)

先生の予想通り、B型のインフルエンザでした。
薬をもらって飲み続けたけど、熱が38.5〜39.5度の間でなかなか下がらない。脳みそが煮えそう。
そんな時彼から届いたお見舞いのメール↓

どもども、マイスィートハート。少しは良くなってるかい?(中略)くれぐれもお大事に。フロムロンドンウィズラブ
脱力…_| ̄|○

予定していたヘアメークのリハーサルも、ブライダルエステも延期。
人に伝染ったら大変だし、鼻水たらしながら受ける訳にも行かないもんね。早く直そ。
皆様はくれぐれもご注意下さい!

  ranking1.bmp
posted by せらっち at 00:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日常
2005年02月16日

たかが花、されどお花

式場で最初にもらう「見積書」に記載の金額と、実際の金額はかけ離れていますよね(ToT)
私の場合、装花もその一つでした。侮っちゃいけませんよ!

担当者は「○万円出せば、恥ずかしくないボリュームの装花が作れますよ」というけれど…
おーい、それって最初に提示された金額の倍だよ?
「藤色がお好きなんですね。でも、この色の花は一種類しかないんですよ」
「この種類のお花だと△万円アップします」
でも好きな色は譲れないしなぁ…ううう。
逆に「×万円だと、どの程度の物が作れますか?」と聞いてみたら、
「グリーンを多めにあしらう感じで…」
要するに葉っぱだらけになるって事ね(笑)

テーブルの花は女性ゲストに配ろう…と思ったら。
お持帰り用にするとお値段がUPするんですね。
でも昔友達の結婚式でもらって嬉しかったから、実行する事にしました。
予算に合わせて上手いアレンジを考えて下さったのには感謝でした。

そして会場装花の合計ン十万円。ドレスと同じ値段です。もう笑うしかないな。

会場装花は外注できなかったけど、ブーケはOKだったので、ネットで評判のロザリウムさんにお願いしました。
挙式用にユリのショートキャスケード、お色直し用は春限定のチューリップです。
(限定に弱いんです…)
HPに今までの作品が載っているのですが、どれもセンスが良くて素敵*
アトリエに打ち合わせに伺った際も、見本を色々出して相談に乗って下さり、安心しておまかせできました。
式場で頼むよりも安く出来たし(1つあたり1万数千円安い)、当日どんなブーケが届くか楽しみです。

自分は結婚式の準備に凝るタイプじゃないと思っていたのですが…
自然にこだわりが出てくるから不思議。
読まずに積んでいた情報誌からせっせと切り抜きしたり、かなりおマメでした。
結婚式マジックってやつでしょうか?

---おススメ---
★カラーチャート(色見本)を作って持っていく
  Wordで■■■…と打ち、■を一個ずつ色を変えて作った原始的な代物ですが(笑)
  例えば「紫色が好き」と言っても、ピンク寄りの紫もあれば青寄りの紫もありますよね。
  黄色や山吹色までは好きだけど、濃いオレンジ色は苦手など…。
  その辺の微妙な違いを伝えるのに役立ちました。
  お花担当の方に「すごく便利!コピー取らせて下さい!」と言われちゃいました(^ ^)v
  テーブル装花とテーブルクロスの色の相性を考えるのにもいいですよ。

「花時間」特別編集「ウェディングブーケ&花飾りVOL.11」
  季節ごとに花の種類が掲載されていて分かりやすいです。センスの良い作品がいっぱい。
  別冊付録は「白」「ピンク」など色ごとに分かれた花図鑑になっていて、
  私のようなお花ド素人の強い味方です。

  ranking1.bmp
posted by せらっち at 02:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | 結婚式・渡航準備
2005年02月15日

ドレスでやきもき

ウェディングドレスはあれこれ見ずに、式場のセミオーダーに決めました。
結婚情報誌にはよく「ドレスショップを何件も回って運命のドレスを見つけよう!」
と書かれているけど、出不精の私にはショップをハシゴする気力なんてなかった。
中にはインチキなショップもあるらしいし、そういうのと戦うのもメンドクサイ。
彼が転勤でいない以上、交渉事は私一人でしなければいけないから、
式場のドレスに決めておけば何かと安心と思ったのです。

しかーし。採寸をめぐってトラブル発生!
まず式場でドレス用の下着を借りて採寸し、その寸法に合った下着を購入してくるように言われたのですが、
式場で言われた胸囲は実際の胸囲よりも小さかったのです。
私自身「あれ?」と思いましたが、貧乳で自信がなかったし(笑)
ドレス担当が測ったのだからそれが正しいのだろうと思っていました。
下着屋さんに「そんな寸法はありえない、もっと大きいはず」と言われた時には、
もうドレスは作られてしまっていました。
あわてて式場に相談すると
「縫い代を減らせば調整できるから、体に合ったサイズの下着を買って、試着しに来て下さい」との事。
…マジ?4cmも大きく作り直せるの?縫い代ってそんなにないような…。
最大限に直してもキツキツだったらどうしよう。
彼に話すと「セミオーダーである以上、サイズが合わないドレスなんておかしい。いざとなったら僕が出る!」
「試着当日はこういうポイントを押さえて話をしておいで」と忠告してくれました。

さて試着の日。
サイズが合わなかった場合に話すべきポイントと、不安で頭を一杯にしながら式場へ。
いざ試着してみると…サイズぴったり。
採寸の数字よりもはるかに大きく作られているらしい。
2着頼んだけど、片方はさらに大きい。
これ、私は結果オーライだからいいけど、普通に頼んでいたらデカすぎるのでは…?
結構適当なんだなぁと思いました。
とりあえずもめずに済んで良かった。

採寸違いを防ぐ為には、ドレス下着は先に購入しておくべきだったと思います。
(ドレスが採寸より大きいのは別の理由なので置いといて…)
表面がつるっとして表にひびかない、カップ浅めのデザインならどんなドレスにもOKだし。
これからの花嫁さんはぜひそうして下さいね。

ちなみに私が買ったドレス下着はホワイトエンジェルです。
すっきり高さが出ていい感じですよん。

  ranking1.bmp
posted by せらっち at 17:04 | Comment(0) | TrackBack(0) | 結婚式・渡航準備
2005年02月14日

アナタの苗字になるワタシ

1月23日に入籍しました。挙式日の約2ヶ月前にあたります。
「早くあの人と同じ苗字になりたいから(はあと)」という理由ではありません(^_^;)
彼の会社の人事部の手続き上、「早くしる!」とプレッシャーを受けたからです。

私は3月後半にロンドンへ渡る予定ですが、その際にビザが必要になります。
その「奥様ビザ」を取得するのに結構時間がかかるとの事。
入籍 → パスポートの名前変更 → 会社が奥様ビザ申請 → ビザGET!

また駐在の家族は健康診断を受ける必要があり、医師のOKが出ないと渡航できないのです。
これがまた高確率で再検査になって時間がかかるそうで…。
入籍 → 人間ドック受診 → 結果待ち(2週間以上)/ 再検査・結果待ち → OK!
もともと結婚前に受けたいとは思っていたから、会社持ちで受けさせてもらえるのは嬉しいけどね。

苗字が変わるって人生の一大事じゃないですか。
生まれ育った家の名を捨てて、相手の苗字で長い人生を生きていく訳だから、多少なりとも躊躇しちゃう。
トラブル続きの実家だったけど(笑)いざ離れるとなると寂しいものです。
もっと感慨にふける時間が欲しかったけれど、仕方なく役所へ行くことにしました。

婚姻届は、ロンドンの彼→彼の実家→私の実家を郵送で回覧・記入しました。
趣ないでしょ?

1月23日という日付はゴロの良さで選びました(123。しょうもない…)。
せめて遊び心は持たないとね♪

雪のぱらつく中、役所までの道を一人でとぼとぼと歩きました。
世間のカップルは二人で仲良く提出しに行くんだろうな。
人生の一大事に緊張している今、隣にいて欲しかったな…なーんて思いながら。

役所の休日窓口に到着し、係のおじさんの書類チェックを受け、無事受領されました。
あっけないものだなぁ。
帰り際におじさんが
「彼は式まで帰国しないのか。それは寂しいな。今日だって一緒に来たかったよね。」
「ここまでは車で来たの?(雪が降ってるから)気をつけてな。」
なんて言ってくれて、じーんときちゃいました。

新しい苗字になって3週間経過しましたが、いまだに慣れません。
名前を呼ばれても無視しちゃったり、新しい苗字の上に旧姓のフリガナふっちゃったりしてます(笑)

  ranking1.bmp
posted by せらっち at 03:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 結婚式・渡航準備
2005年02月13日

ブログ始めます。

人生が自分の思っていなかった方向へ進み始めたので、
せっかくだからブログを始める事にしました。

結婚は以前から決まっていましたが、挙式を前に彼が海外転勤になってしまい、
私も式の後現地に住む事になりました。
駐在員の妻、略して駐妻ってやつです。
「海外いいじゃん」と言ってくれる人もいるけれど、
私は自分が帰国子女だったので駐在生活がそんなに華やかでもない事を知っています。
っていうかむしろトホホが多いような…(笑)

私の頭上に落っこちてきたこの運命は、ラッキーなのかどうか分からないけど、
与えられた環境を楽しんで行きたいと思っています。

今は結婚式の準備&渡航準備に追われています。
結婚式の準備って、いざ始めるとホント大変!!
日本中の挙式した夫婦を尊敬せずにはいられない。
疑問が沸いても友達には聞けない事も多くて、
花嫁さんのブログをよく参考にさせていただいています。
そこで私も微力ながら後世の為に(笑)記録を残していく事にしました。
とか言って式まであと1ヶ月なんだけど。がんばります。

  ranking1.bmp
posted by せらっち at 02:35 | Comment(2) | TrackBack(0) | お知らせ・ひとりごと

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。